工具 六角レンチ/六角スパナ/アーレンキーのスタンド  六角レンチスタンドの通販サイト TSUKAGUCHI

京都  福知山  
六角レンチスタンド   有限会社 塚口鉄工所  

メインメニュー トップページ お支払・送料について よくある質問 会社概要 お問い合わせ カートの中を見る

電話でのお問い合わせ
送料無料 

 商品カテゴリ

 

お問い合わせ
特定商取引の表記


塚口鉄工所

営業日カレンダー

--------------------------

お客様の声

ブログ

掲載記事

無料サンプルの応募

--------------------------

六角レンチの規格とサイズ

六角レンチの発明

--------------------------

キャップボルトの規格とサイズ

キャップボルトと六角レンチ

--------------------------

止めねじの規格とサイズ

止めねじ と 六角レンチ

--------------------------

六角レンチの呼び方いろいろ

【日本語】
六角レンチ
6角レンチ
六角スパナ
六角棒スパナ(JIS規格)
六角棒レンチ
アーレンキー(自転車業界)
ヘキサゴンレンチ
ヘキサレンチ
へクスレンチ
ヘックスレンチ
Lレンチ(エルレンチ)
L型レンチ
L型キーレンチ
L型ホローレンチ(ミトロイ)
キーレンチ
六角キーレンチ(新亀製作所)
ピンレンチ
ピンレン
エルピン


【英語】
Hex key(Wikipedia)
Hexagon socket screw key (ISO)
Hexagon Key (ASME)
Hex wrench
Allen wrench
Allen key
L-Wrenches(BONDHUS)
Hex key L-wrenches(PB)

【中国語】

--------------------------

六角レンチの活躍場所

製造現場
生産現場
金属加工
樹脂加工
機械加工
マシニング加工
フライス加工
旋盤加工
放電加工
試作
機械の組立
自動車の組立
バイクの組立
自転車の組立
生産ラインの管理メンテナンス
スポーツ自転車
ロードバイク
ロードレース
家具の組立
DIY
楽器・ギター等の調整
ラジコン
ライブスチーム
アーチェリー
SPユニットの締め付け
パソコンの飾りねじ
船の艤装品
電気工事
モデルガン・エアーガン
インラインスケートの調整
コネクタの組立
フィールドエンジニア
レーシングカート
健康器具
介護器具
印刷機器
建設機械


六角レンチの発明


1.六角レンチは、いつ、どこで、誰が、最初に発明したのか?

 

気になったのでネットで調べてみました。

私が探した限りでは、一番詳しく書かれていたのは、英語版のWikipediaでした。

でも英語で書かれているのでよく分からない。

 

そこで翻訳に挑戦!

英語は苦手で、訳がさっぱり分からない所もあり、おかしかったり間違ってたりしていますが、概略は分かると思います。

 

一番最初に発明したのは誰なの?

結論から言うと・・・、よく分からないようです。
1860〜1890年の間に発明されたと考えられるようですが、明確には分かっていないようです。
(日本では幕末から明治維新のころでしょうか。)

アーレンキーで有名なアーレンさんが最初という分けではないみたいですね。
また、複数の国でそれぞれ独自に発明した人がいるようです。

 

なお、まだ翻訳の途中ですが、参考までに。


 

 

以下、Wikipedia(英語版)より

 

Hex key

六角レンチ

 

A hex key, Allen key, or Allen wrench (also known by various other synonyms) is a tool of hexagonal cross-section used to drive bolts and screws that have a hexagonal socket in the head (internal-wrenching hexagon drive).

 

六角レンチ、アーレンキーやアーレンレンチ(その他様々な名前で呼ばれている)は頭に六角の穴(内部で回す六角型の駆動方式)があるボルトやネジを回すために使う、断面が六角の工具です。

 

 

Contents コンテンツ

 

1 Nomenclature 用語

 

2 Features 特徴

 

3 History 歴史

 

4 Hex key standard sizes 六角レンチ標準サイズ

 

4.1 Variants 変異型

 

5 Manufacturing methods 製造方法

 

 

 

1 Nomenclature

 

1 用語

 

The term "hex key" has various synonyms.

 

六角レンチと言う言葉には様々な呼び方があります。

 

Some are explained by the geographical and commercial history of the drive type's development; these include Allen, Unbrako, and Inbus key or wrench. (For details, see the History section.)

 

いくつかの呼び方は、ねじの駆動方式が発展していく上での地理的・商業的な歴史によって説明されています。アーレンやアンブラコ、インブス、の後にキーやレンチが付く呼び方もこれに当てはまります。(詳細は、歴史の項目を参照)

 

The synonym zetakey or wrench refers to the sixth letter of the Greek alphabet.

 

ゼータの後にキーかレンチが付く呼び名はギリシャ語のアルファベットの6番目の文字を当てはめています。

 

The term hex-head is sometimes used to refer to this type of drive, but this use is not consistent with its more conventional use referring to external-wrenching hexagons.

 

ヘクスヘッドと言う言葉は時々この駆動方式に当てはめて使われているが、この使い方はもっと普通に使われている外部でまわす六角型に使われる言葉とあっていない。

 

In the fastener industry, the terms socket head or hex socket head are generally used for the driven part of the driver-driven pair.

 

ファスナー産業(ネジを製造している産業)では、「ソケットヘッド」や「ヘクスソケットヘッド」という言葉は「the driven part of the driver-driven pair」に一般的に使われています。

 

A less common synonym is female hex (see Gender of connectors and fasteners).

 

あまり一般的でない呼び方に"female hex"と言うのがあります。

 

 

2 Features

 

2 特徴

 

Some features of hex keys are:

 

六角レンチのいくつかの特徴

 

The tool is simple, small and light.

 

単純で小さくて軽い道具。

 

The contact surfaces of the screw or bolt are protected from external damage.

 

ネジやボルトの接触面は外からのダメージから守られてます。

 

There are six contact surfaces between bolt and driver.

 

ボルトと六角レンチの間には6箇所の接触面があります。

 

The tool can be used with a headless screw.

 

頭なしのネジ(とめネジ等)で使われています。

 

The screw can be inserted into its hole using the key.

 

六角レンチを使ってネジをネジ穴に入れることができます。

 

Torque is constrained by the length and thickness of the key.

 

六角レンチの長さや太さによって締め付けトルクが抑制されています。

 

Very small bolt heads can be accommodated.

 

すごく小さなボルトの頭に適応できます。

 

The tool can be manufactured very cheaply, so one is often included with products requiring end-user assembly.

 

すごく安く製造できているので、自分で組み立てなければならない商品などによく付属されています。

 

Either end of the tool can be used to take advantage of reach or torque.

 

工具の端のどちら側でも長さやトルクを利用して使うことができます。

 

 

3 History

 

3 歴史

 

Extant records suggest (without offering exhaustive documentation) that the idea of a hex socket screw drive was probably conceived as early as the 1860s through 1890s, but that such screws were probably not manufactured until around 1911.

 

現存の記録(徹底的に調査された文献ではないが)では六角型の差込で回すアイデアは、たぶん1860〜1890年の間に考えだされたものと思われるますが、そのようなネジは1911年くらいまで製造されていかったようです。

 

Rybczynski (2000) describes a flurry of patents for alternative drive types in the 1860s through 1890s in the US,[1] which are confirmed to include internal-wrenching square and triangle types (that is, square and triangular sockets) (U.S. Patent 161,390),

 

リプチンスキによると、1860〜1890年の間のアメリカの駆動方式の改善に関する沢山の特許の中に四角や三角方式(四角や三角穴)が含まれていることが確認できると述べています。

 

but he explains that these were patented but not manufactured due to the difficulties and expense of doing so at the time.

 

でも、これらは特許化されてはいましたが当時では作るのが難しく、またできても高価だったため製造されなかった。と彼は述べています。

 

P. L. Robertson, of Milton, Ontario, Canada, first commercialized the square socket in 1908, having perfected a manufacturing method.

 

ミリトン(カナダ、オンタリオ州)のP. L.ロバートソンと言う人が、1908年に製造法を完成させて四角穴を最初に商業化しました。

 

The first manufacture of an internal-wrenching hexagon drive of which records have surfaced is that of circa 1911 by the Standard Pressed Steel Company (SPS), then of Philadelphia, later of Jenkintown, Pennsylvania. (This company was the predecessor corporation to today's SPS Technologies, Inc.)

 

出てきた記録では、内部で回す六角型の駆動方式を最初に製造したのは、およそ1991年、当時のフィラデルフィア(後のジェンキンタウン、ペンシルバニア州)のスタンダード・プレスト鉄鋼会社(SPS)です。(この会社は、今のSPSテクノロジーズ会社の前の会社でした。)

 

 SPS had sourced set screws of square-socket drive from England, but they were very expensive.[2] (This was only 2 years after Robertson's Canadian patent.)

 

SPSはイギリスから四角穴駆動の止めネジを仕入れていましたが、非常に高価なものでした。(これはロバートソンのカナダ特許のわずか2年後のこと。)

 

This cost problem drove SPS to purchase its first screw machine and make its screws in-house, which soon led to SPS's foray into fastener sales (for which it later became well known within the metalworking industries).

 

このコスト問題によりSPSは、最初のネジきり盤を購入し社内でネジを作るようになりました。

 

 H. T. Hallowell, Sr., founder of SPS, in his memoir (1951) says that "[for] a while we experimented with a screw containing a square hole like the English screw but soon found these would not be acceptable in this country [the U.S.]. Then we decided to incorporate a hexagon socket into the screw […]."[3]

 

SPSの設立者であるH. T.ハロウェルSr.は、彼の回想録(1951)の中で次のように言ってます。「しばらく、イギリスのネジの様な四角穴を含んだネジを実験していたが、すぐにこのネジはこの国(米国)において受け入れられないだろうということを知った。

それで、私たちはねじに六角穴を組み入れることに決めました。」

 

Hallowell does not elaborate on why SPS found that the square hole "would not be acceptable in this country", but it seems likely that it would have to have involved licensing Robertson's patent, which would have defeated SPS's purpose of driving down its cost for internal-wrenching screws (and may have been unavailable at any price, as explained at "List of screw drives > Robertson").

 

ハロウェルは、なぜ四角穴が「この国にでは受け入れられないだろう」ということをSPSが知ったのか詳しく述べていませんが、それはロバートソンの特許ライセンスを取得しなければならないことや、それでは内側で回すねじのコストを下げると言うSPSの目的が達せられないからのようです。(またネジ駆動のリスト(ロバートソン)で説明されるように、いかなる代価を払っても利用できなかったかもしれません。)

 

Soon after SPS had begun producing the hex socket head set screw, Hallowell had the idea to make a hex socket head cap screw (SHCS).

 

SPSが六角穴のセットネジを生産し始めたすぐ後に、ハロウェルは六角穴のキャップネジ(SHCS)を作るアイデアを思い付きました。

 

Hallowell said, "Up to this moment none of us had ever seen a socket head cap screw, and what I am about to relate concerns what I believe was the first socket head cap screw ever made in this country [the U.S.]."

 

ハロウェルは言いました「この瞬間まで私たちの誰も六角穴キャップネジを見たことがありませんでした。そして関係を関連づけるために私が思うことは、最初のソケット頭のキャップネジはこの国(アメリカ)で作られたと私は信じていることだ。

 

SPS gave their line of screws the Unbrako brand name, chosen for its echoing of the word unbreakable.

 

SPSは彼らのネジ製品に、壊れないと言う言葉にちなんで選ばれたアンブラコと言うブランド名をつけました。

 

Hallowell said that acceptance of the internal-wrenching hexagon drive was slow at first (painfully slow for SPS's sales), but that it eventually caught on quite strongly.

 

ハロウェルは言いました、内側で回す六角型の駆動方式が受け入れられたのは、初めはゆっくりでした(SPSの販売が非常にゆくりしていたため)が、しかし、それは結局とても強く人気を得ました。

 

This adoption occurred first in tool and die work and later in other manufacturing fields such as defense (aircraft, tanks, submarines), civilian aircraft, automobiles, bicycles, furniture, and others.

 

最初は特殊な工具と金型を製作する仕事で採用され、後に防衛(航空機、戦車、潜水艦)、民間機、自動車、バイク、家具、その他、などの産業会で採用された。

 

Concerning the dissemination of the screws and wrenches, Hallowell said that "the transition from a square head set screw [Hallowell refers here to the then-ubiquitous external-wrenching square drive] to a hexagon socket head hollow set screw, for which had to be developed special keys or wrenches for tightening or loosening the screw, was the cause of more profanity among the mechanics and machine manufacturers than any other single event that happened.

 

ねじとねじ回しの普及に関して、ハロウェルは次のように言いました「四角頭セットネジ(ハロウェルはここでは同時に存在していた外部で回す四角型の駆動方式を参照している)から六角穴のホロセットねじへ移行しするためには、ねじを締めたり緩めたりするための特殊なキーかレンチの発展が必要で、起こった他の個別の出来事よりもメカニックや機械メーカでの多くの不満の原因でした。

 

I am sure that the old-timers who read this book will remember this period vividly.(These transitional growing pains echo those experienced many decades later with the adoption of the Torx drive).

 

私は、この本を読んだ昔の人たちがこの期間を鮮明に思い出すだろうと確信します。(これらの過渡期の産みの苦しみは何十年後にトルクス駆動方式の採用で体験した人々の言葉として繰り返えされます。)

 

World War II, with its unprecedented push for industrial production of every kind, is probably the event that first put most laypersons in contact with the internal-wrenching hexagon drive. (Popular Science magazine would note in 1946 that "Cap screws and setscrews with heads recessed to take hexagonal-bar wrenches are coming into increasing use.")

 

第二次世界大戦は、内部で回す六角駆動方式に多くの素人が接した、たぶん最初の出来事です。(人気科学マガジンが1946年に記していました「六角棒のレンチを使う隠され頭のキャップネジとセットネジの利用を増加することになった。」)

 

As Hallowell explained, the dissemination of the wrenches somewhat lagged behind the adoption of the fasteners.

 

ハロウェルが説明するように、レンチの普及は、多少ファスナーの採用より遅れました。

The shortfall in distribution against a background of gigantic wartime demand might have created a partial vacuum in the market.

 

巨大な戦時需要の原因による流通不足は、市場に部分真空を作ったかもしれません。

 

The Allen wrench trademark of the Allen Manufacturing Company of Hartford, Connecticut was taken out in 1943, and Allen became such a successful brand of hex key that many consumers in subsequent decades have assumed (reasonably but incorrectly) that the internal-wrenching hexagon drive was invented by someone named Allen.

 

アーレンレンチ(ハートフォード(コネチカット)のアラン製造業会社のトレードマーク)は1943年に取得され、アーレンは、後の数十年間多く消費者が(合理的にしかし不正確に)、内部で回す六角型の駆動方式はアーレンと言う名の誰かによって発明されたと憶測するようになった六角レンチの成功ブランドとなりました。

 

It appears that the internal-wrenching hexagon drive may have been independently reinvented in various countries.

 

このことは、内側で回す六角型の駆動方式が様々な国々で独立して発明されたかもしれないと言うこと現しています。

 

At the least, it was patented in various countries by various patentees, and its name varies.

 

少なくとも、その特許は様々な特許所有者によって様々な国々で取られました。また、その名前は様々です。

 

For example, in various European countries, it is known by the name Inbus (often misspelled *Imbus), after the company that patented them in Germany in 1936, Bauer und Schaurte of Neuss (Inbus stands for Innensechskantschraube Bauer und Schaurte).

 

たとえば、、様々なヨーロッパ諸国では、インブス(時々Imbusとスペルを間違われる)と言う名前でしられ、1936年にドイツで特許を取った会社(ノイスのバウアーとスチャート)(インブスは「Innensechskantschraube Bauer und Schaurte」を表します)

 

Similarly, there is another name in Italian (brugola), stemming from an Italian company's name.

 

同様に、イタリア語でブルゴラ(イタリアの会社の名前)という別名があります。


 

(そして2010年、日本では六角レンチをより使いやすくするための新しいスタンドが発明されました。)

 


Hex key standard sizes

 

六角レンチの標準サイズ

 

Hex keys are measured across-flats (AF), which is the distance between two opposite (parallel) flat sides of the key.

 

六角レンチは平らな2つの対面の距離を測定します。

 

 

Standard metric sizes are defined in ISO 2936:2001 "Assembly tools for screws and nuts Hexagon socket screw keys", also known as DIN 911, and, measured in millimeters (mm) are:

 

標準のメートル式寸法はISOISO 2936:2001「六角穴ねじキーのネジとナットの組立てツール」で定義されています。さらに、DIN911として知られていす。そして、次のものがミリメートル(mm)で測定されます。

 

0.7, 0.9, 1.0, 1.25, 1.3, 1.5

 

2 to 6 in 0.5 mm increments

 

2〜6までは0.5mmずつ増加します

 

7 to 22 in 1 mm increments

 

7〜22までは1mmずつ増加します。

 

24, 25, 27, 30, 32, 36, 42 and 46 mm.

 

Metric hex wrench sizes are sometimes referred to using the designation "M" followed by the size in millimeters of the tool or socket, e.g. "M6", although this may be confused with the standard use of "M6" which refers to the threads of a metric screw or bolt.

 

メートルの六角レンチサイズは時々、ツールやソケットのミリメートルでのサイズの後に明示する「M」として表されます。たとえば「M6」、でもこれはメートルねじやボルトのねじ山を指す「M6」の標準的用法と混同されるかもしれません。

 

American sizes are defined in ANSI/ASME standard B18.3-1998 "Socket Cap, Shoulder, and Set Screws (Inch Series)".

 

アメリカのサイズは、ANSI/ASME規格 B18.3-1998「ソケット・キャップ、ショルダーおよび止めねじ(インチ・シリーズ)」に定義されています。

 

Values given here are taken from Machinery's Handbook, 26th Edition, section "Fasteners", chapter "Cap and Set Screws", table 4 (p. 1601).

ここで示された数値は、機械類ハンドブックから得られます、26番目の版、セクション、章、テーブル4(p。1601)「キャップおよび止めねじ」「ファスナー」

 

Note that numerous other sizes are defined; these are the most common.

注意:他にたくさんのサイズが定義されています。これらは最も一般的なものです。

 

Using a hex wrench on a socket that is too large may result in damage to the fastener or the tool.

六角レンチを大きいソケットに使うと、ねじやツールを壊すことになるかもしれません。

 

An example would be using a 5 mm tool in a 5.5 mm socket.

例えば5.5mmのソケットに5mmのツールを使つかったり。

 

Because hex-style hardware and tools are available in both metric and British/Imperial sizes (with British sizes most commonly used in the United States and denoted "SAE", and metric in other places),

 

六角状の器具やツールはメートルやインチサイズ(イギリス)の両方で利用できるので(イギリスサイズはアメリカで一般的に使われており、「SAE」と表示さている。メートルは他の国で使われている。)

 

it is also possible to select a tool that is too small for the fastener by using an British-unit/Imperial tool on a metric fastener, or the converse.

 

メートルネジに小さいインチのレンチを選んで使ったり、またその逆も可能です。

 

There are some exceptions to that.

 

いくつかの例があります。

 

For example, 4 mm keys are almost exactly the same size as 5/32", and 8 mm keys are almost exactly the same size as 5/16", which makes 4 mm and 8 mm preferred numbers for consumer products such as self-assembly particle-board furniture, because end users can successfully use an imperial key on a metric fastener, or vice versa, without stripping.

 

例えば、4mmのキーはほとんど正確に5/32と同じサイズです。また8mmのキーはほとんど正確に5/16と同じサイズです。これは、自分で組み立てる板部材の家具のような消費財のため4mm、8mm標準数を作ります。

 

19 mm keys are so close to the same size as 3/4" that they are completely interchangeable in practical use.

 

19mmのキーは、3/4”サイズに非常に近く、実用上、完全に交換可能です。

 

 

Variants

 

変異型

 

A security version of the Allen head includes a pin in the center.

 

アーレンヘッドのイジリ防止バージョンには中心にピンがあります。

 

These fasteners are said to have a "center pin reject" feature to prevent standard Allen wrenches from working.

 

これらのねじは「センターピンリジェクト」といわれていて、標準のアレンレンチで回されるのを防ぐのが特徴です。

 

A special driver must be used to fasten or remove these fasteners.

特殊なドライバはこれらのネジを閉めたり緩めたりするのに使わなければなりません。

 

The TORX head's security variant also has such a pin for the same reason.

トルクスヘッドのイジリ防止ねじにも、同じ理由でそのようなピンがあります。

 

Some hex keys have a ball on one end, which allows the tool to be used at an angle off-axis to the screw.

ある六角レンチにはその端にボールがあり、ねじに対して傾いた角度でツールを使うことができるようになっています。

 

This type of hex key was invented in 1964 by the Bondhus Corporation,[8] and is now manufactured by several other companies.

 

このタイプの六角レンチは1964年にボンダス株式会社によって発明され、今は、いくつかの他の会社によって製造されています。

 

While providing access to otherwise inaccessible fasteners, thinning of the tool shaft to create the ball shape renders it weaker than the straight-shaft version, limiting the torque that can be applied.

 

回し難い場所にあるボルトに対応できるようにするため、レンチのシャフトを削ってボール形状をつくっています。これは直線形状より弱く、トルクを制限して利用しなければいけません。

 

The tool also makes point contact with the fastener as opposed to the line contact seen in the straight style tools.

 

直線形状のレンチように線で接触するのとは対立的に、このレンチはおそらく点でボルトに接触しています。

 

Manufacturing methods

 

製造方法

 

Hex socket screw heads are usually made by stamping the head with a die, plasticly deforming the metal.

 

六角穴ボルトの頭は通常、自在に金属を変形させるダイに頭を押し付けて作られています。

 

Other ways to generate the hex socket include linear broaching and rotary broaching.


六角穴を生成する他の方法に直線のブローチ加工や回転式のブローチ加工等があります。

 

Broaching the heads with a linear broach is essentially the metalworking analog of mortising wood with a mortising machine; a hole is drilled and then the corners are broached out.


直線ブローチでのブローチ加工は、根本的にアナログ的な金属加工で(ホゾ穴加工機による木材のホゾ加工のようなもの)、穴はドリルで加工し、角をブローチで加工します。
 

 

This operation often leaves little telltale curled chips still attached at the bottom of the socket.


この加工時にはしばしば、穴の底に小さなカールした金属片が残ったままになっています。
 

These are negligible for most applications.

これはほとんどの場合、問題になりません。

 

Hex keys are made by imparting the hexagon cross-section to steel wire (for example, with a die), then bending and shearing.


六角レンチは、鋼線に六角断面をつけて(たとえばダイによって)、 それから曲げ加工して、せん断加工することにより作られています。


 

コメント:自分で言うのもなんですが、訳が変。英語を日本語で表現するのは難しいですね。